自動車学校と教習所

自動車学校と教習所について

自動車学校と教習所の違い

運転免許を取得するためには自動車学校や教習所に通わなければなりませんが、厳密に大きな違いはありません。しかし、教習所には公認校と非公認校があり、多少の違いが存在します。公認校とは、各都道府県の公安委員会から規定の教習や検定ができると認められた自動車学校で、技能試験免除で卒業後に受ける試験は学科のみとなります。非公認校は、公安委員会の許可を取っていないので、公認校と違いカリキュラムの規制がなく、一人一人の苦手項目だけを指導するなど、教習内容に柔軟性があります。非公認校の場合、技能試験免除がないので、試験場で各試験を受験しなければなりません。

自動車学校の合宿免許を利用する

自動車学校の合宿免許を利用するメリットは免許習得が早い、費用が安く済むなどがあります。合宿免許は技能と学科を効率よく進めていくと、最短で2週間ほどで卒業ができます。また、技能などの費用が全て含まれているため、費用は通学よりもが安く済む場合が多いです。デメリットは、自動車学校の合宿免許には自由がない、卒業検定で連続失敗すれば追加費用などです。在学中は学科や技能のスケジュールがぎっしりと詰まっているため、自由度はあまりないです。また、最後の技能の卒業検定で連続失敗すると、追加費用が発生することもあります。

↑PAGE TOP

Copyright © 自動車学校と教習所について All rights reserved